医師2

(医師の見解)自毛植毛はどこまでの薄毛に対応できるか?

更新日:

自毛植毛でどのくらいの薄毛まで対応できるかは一概に言えないそうですが、そこを何とか単純化して言うと?という事で、評判の自毛植毛クリニック、ヨコ美クリニックの今川先生が説明してくれています。

これによると、薄毛に対する自毛植毛は、AGA進行度のクラス6までの禿げに、大きさで言うと大人の男性の手のひらの1.5個分程の禿げをカバーできるとのこと。

クラス6の薄毛まで

一般に「どれくらい薄毛」という話の時に使うのがこのノーウッド・ハミルトン分類ですね。これで言う6というと、M字型に薄くなっているにとどまらず、頭頂部もはっきりわかる状態ですね。

クラス6より進行している場合でも、つむじのあたりを薄くして、その分をもっと重要な”前”=生え際や前頭部に重点配分することで対応できるそうです。

 

言い換えると手のひら1.5個分

最初のFUT手術によって2500株~3500株を摂取するとして、数回繰り返すことで6000~7000株まで普通は採れるそうです。

数値上、40株/平方cmの密度であれば大抵の人が満足するレベルですから、その密度で計算していくと、6000÷40=150平方cmに対応できるという結果になります。

150平方cmと言われてもわかりにくいと思いますが、男性の手のひらサイズ100平方cmの1.5倍。という計算だそうです。

ただし、冒頭にも言ってますが、どれくらい薄毛をカバーできるかというのは採取できる毛髪=株の数次第。この株数は、その人の後頭部や側頭部の髪の密度、頭皮の硬さ、AGAの進行具合などにもよるので実際は見てみないとはっきりとしたことは言えないとか。

一方、上で説明されている薄毛の範囲内でも、自毛植毛が適応にならない人もいるそうです。AGAが発症してまだ間もない若者とか、後頭部や側頭部のAGAの影響を受けにくい所も薄くなっている場合とか(この場合はAGAではない可能性があるので、別の方法があるとは思いますが)。

医師1
(医師の見解)20代前半では植毛を避けるべき理由

若いうちにAGAが進行した場合、切羽詰まって、自毛植毛を選択肢として考え、自毛植毛クリニックに押し掛ける人が多いそうです。ただ、しっかり先を見据えてやらないと、特に頭頂部付近の植毛は、後々面倒な結果に ...

続きを見る

 

いずれにしろ、現代医療なら何かしらできることはあるはず。気軽に(「思い切って」?)、病院に相談してみましょう。

 

その他自毛植毛のQ&A一覧

 

自毛植毛- Wayne Rooney
自毛植毛、失敗しないクリニックは?

海外では、イングランド代表のサッカー選手を始め、色んな有名人、セレブが植毛を公言してますね。 今の医療技術のおかげでその仕上がりは非常に自然です。 実際私もいくつかのクリニックで、「私もやってるんです ...

続きを見る

 

聖心美容クリニック
AGA病院の無料カウンセリングってどうよ?【20カ所体験口コミ】

AGA病院では、なぜか診察の事をカウンセリングと呼びます。そして、カウンセリングは"無料"です。 と来れば、とりあえず行っておこうかとも思いますが、一方「無料」という事で何かありそうで「不安」なのも事 ...

続きを見る

-自毛植毛Q&A

Copyright© プロハゲ - 最新!薄毛病院治療ナビ , 2017 All Rights Reserved.