医師1

(医師解説)FUEとは?

更新日:

自毛植毛の術式の一つFUEを世界中に広めた医師コロンビア大学医学部教授のバーンスタイン氏の説明を引用します。

バーンスタイン先生

 

フォリキュラー単位くり抜き法(FUE)とは?

FUEの手技は、Dr.レイ・ウッズにより1990年代にオーストラリアで考案され、ラスマン氏やこのサイトでも度々引用しているバーンスタイン氏によって2002年に医学界に紹介されました。

Follicular Unit Extraction(FUE)とは、フォリキュラーユニット(=FU=移植株の単位)を一つ一つ頭皮から直接くり抜く手技です。

FUEでは、特別な機器が使用され、FUの周りを丸く切開し、周りの組織から切り離します。FUは頭皮から直接くり抜かれます(引き抜かれます)。手術後、頭皮には極小の穴があきますが、治癒すると白いぽつぽつとした痕になります。

紀尾井町クリニック_FUE

*FUとは?

髪の毛は元々一本一本生えているのではなく、1本から4本単位で生えています。その単位をFUと言います。なお、FUを移植する時の単位とした植毛術をFUTと言います。ってことはFUEもFUTの一種ですね。

FUTは頭皮を帯状に切り取り、顕微鏡下で一つ一つのFUに切り分ける手技ですが、FUEはこのFUを頭皮から直接くり抜いていくという点で異なります。

紀尾井町クリニック_FUT

それ以外の、移植する側にホールを作ったり、FU株を植えていく作業では本質的に違いはありません。

FUEはFUTと違い、頭皮をメスで切り抜いたりしないので心理的なハードルは低いですね。傷痕も線上には残りませんので、ある程度なら短髪のヘアスタイルでも傷は見えません。

デメリットは、くり抜く時にグラフトを傷つけてしまう恐れがあるので、医師の腕が問われます。また、一つ一つくり抜くため時間と手間がかかり、大量の植毛には向かないと考えられてます。

その分、手術代も高額になり、FUTの2倍くらい掛かります。

ただ、このメスを使わないメリットは人気で、日本でもFUEが主流です。世界ではまだまだFUTが主流だそうですが、FUEのシェアが急拡大しているそうです。

現在では、ARTASという植毛ロボットが登場し、グラフトを気付付けずに安全に、しかも安価にFUEを提供するクリニックもあります。

参考までに、FUEの得意なクリニックを載せておきます。

こちらは、日本一人気の自毛植毛クリニックですね。

アイランドタワークリニック_TOP
アイランドタワークリニック-体験口コミレビュー

おすすめ理由 日本一患者の集まる自毛植毛クリニック。 治療費 平均的。 場所 東京都新宿、名古屋、大阪、福岡   アイランドタワークリニック公式サイトへ   Contents1 ど ...

続きを見る

 

こちらは、ロボットでの手技に取り組んでいるAGAクリニックです。

聖心毛髪再生外来
聖心美容クリニック(聖心毛髪再生外来)-体験口コミレビュー

おすすめ理由 世界最先端のあらゆるAGA治療がここにある。 治療費 平均 場所 札幌、東京、大宮、横浜、熱海、名古屋、大阪、広島、福岡、上海   聖心毛髪再生外来公式サイトへ   ...

続きを見る

 

その他自毛植毛のQ&A一覧

 

聖心美容クリニック
AGA病院の無料カウンセリングってどうよ?

AGA病院では、なぜか診察の事をカウンセリングと呼びます。そして、カウンセリングは"無料"です。と来れば、とりあえず行っておこうかとも思いますが、一方「無料」という事で何かありそうで「怖い」のも事実。 ...

続きを見る

-自毛植毛Q&A

Copyright© プロハゲ - 最新!薄毛病院治療ナビ , 2017 All Rights Reserved.