アイランドタワークリニック_TOP

アイランドタワークリニック-体験口コミレビュー

更新日:

おすすめ理由 日本一患者の集まる自毛植毛クリニック。
治療費 平均的。
場所 東京都新宿、名古屋、大阪、福岡

 

アイランドタワークリニック公式サイト

 

どんなクリニック?

国内最大手の”自毛植毛”専門クリニック。国内でのシェアは63%と半数どころか、10人中6-7人はこちらで植毛していることになりますね。これまで15年以上にわたって植毛専門クリニックとして累計2万人以上治療してきました。

このクリニックの強みは、誰もそれとは分からない自然な髪の毛を実現する、専門医の高い技能と、最先端の医療技術、それを可能にする最新医療設備、熟練の医療スタッフにあります、って全部ですね。確かに6割以上のシェアを取るなんて、全部がスゴクないとできない芸当かもしれません。

難点を上げるなら、基本的には自毛植毛クリニックなので、AGAの診断をしてもらったり、その上で最適な治療法を提案してもらいに行くところではありません。自毛植毛で最高レベルの施術を受けたい人向けの病院です。

 

超個人的な意見!自毛植毛を考えている人は、無料カウンセリングには"行くべき"。10人中7人が行くクリニックですので、ここで治療する・しないにかかわらず、行っておかないと後悔すると思います。

カウンセリングは丁寧ですが、一つ、無料カウンセリングに医師が出てきません。

なので、しっかり医師に診察してもらえるアスク井上クリニックヨコ美クリニックにも、あわせて行った方が、例えここで植毛するとしても、安心だと思います。

 

どんな治療をしているの?

植毛と聞くと、みなさん抵抗がありますよね。それに一時代前の人口毛の植毛の印象からか、パっと見て違和感バリバリで、すぐばれてしまうような不自然な髪の毛をイメージされるかもしれません。でも今は全く違うみたいです。

これは有名ですけど、イギリスのサッカー選手ウェイン・ルーニー。

植毛後の写真だけを見て植毛だ!って分かります?では、こちらは?

 

これが現代の植毛技術です。もちろん、薬やメソセラピーでこれくらい回復させられれば理想ですが、そうはいかない場合でも、もう一度昔の姿を取り戻させてくれる、しかも植えた毛はほぼ生涯生え続けるそうです。

日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインでは、フィナステリドミノキシジルの効かないケースで勧められる治療法として取り上げられています。

自毛植毛ってどうやってやるの?

自毛植毛は、AGAの影響を受けにくい後頭部の髪の毛を、髪の毛を作る毛根組織ごと、薄くなった前や上の方の頭皮に移植するもの。自分の毛なので、他の臓器移植と違って、拒否反応もないし、また、最近の植毛手技の発達により、より患者に負担をかけないやり方がポピュラーになっているそうです。

元々は後頭部の髪の毛を頭皮ごとメスで切り取る方法が主流で、FUT、ストリップ法と呼ばれています。一度に大量の組織を採れるし、短時間で手術も終わるので、費用を安くできるというメリットがありましたが、一方、メスを使うため、痛みも強いし手術のあとが残ってしまうというデメリットがあったそうです。

 

このため再注目されたのが、このクリニックでも行っているFUEという方法です。メスを使わずに毛根組織を一つ一つくりぬいていくので、痛みもないし、手術のあともほとんど目立たなくできるそうです。

ただし、このFUEにもデメリットがあります。それは一つ一つ毛根を採取するわけですから、手間がかかるため、医師の技量によって結果が大きく違う、医師次第の方法って訳です。

アイランドクリニックは、この方法をさらに発展させ、独自のi-directという方法を考案します。

 

アイラインドクリニック独自のi-directとは?

自毛植毛には3つの段階があるとのこと。最初に後頭部から毛根を採取する、次に植毛する頭皮に穴をあける、最後に移植する、で、これらすべての段階で植えた毛根組織の生着率*を高める方法がi-directだそう。どんな方法?

 

*生着率とは?

自毛植毛は移植手術です。自分の毛の組織なんで拒否反応はないんですが、それでも100本移植しても100本そのまま生え続けてくれません。どれだけ生き残って生え続けてくれるのかその率が生着率です。

 

1.毛根を採取する方法が違う!

FUEというメスを使わない方法では、中が空洞になったチューブ状の金属を使って毛根をくりぬきます。そのチューブは口径が小さいほど、もちろん頭皮へのダメージが少ないので痛みも軽く、傷跡も目立ちにくくなるんですけど、小さいと毛根の組織を傷つけてしまう恐れも高まります。そこで通常は1.2㎜前後の口径のものを使うことが多いんですが、i-direct法では、なんと0.8mmの細ーいものを使います。しかも、医師が目視で2本毛、3本毛の元気の良いものだけを選ぶので生着率も高められます。

2.頭皮に移植用の穴をあける方法が違う!

またまた極細の0.6mmのチューブを使ってホールをあけます。通常のFUEでは直径1.0㎜程度が普通ですからどれだけ細いものを使っているか分かるかと思います。もちろん、それだけ技術的には難しくなりますが、穴が小さい分密度を濃くできるので自然な髪の流れになるし、術後の痛みや傷跡、頭皮へのダメージも少なくできるので、周りにバレにくいし、もちろん高い生着率にもつながるというわけです。

3.移植する方法が違う!

i-directでは専用の移植機器の空気圧で押し込みますので、株へのダメージを最小限に抑えられます。さらに、0.6㎜の穴に0.8㎜の株を入れるため自然な圧力で抜けにくくなる事も高い生着率に貢献しています。

結果として、通常のFUEの平均的な生着率が80%程度ですが、i-direct法では95%以上をたたき出しています。

もちろん、こうした高い生着率を実現するi-direct法ができるのは、高度なテクニックを持つ医師がいるから。

 

さらに!「刈らないDIRECT」

i-direct法は良いことづくめのように見えますが、一つ欠点がありました。それは毛根を採取するために後頭部を刈り上げなければいけないこと。人の目に触れる機会の多い営業職の人などは髪形が変わるのがイヤでためらう場合が多かったとのことですが、当クリニックでは、この欠点を克服。刈りあげることなく毛根を採取する方法を日本で初めて導入しました。これが実現できたのも当クリニックの高い技術力があってこそ。もちろん、手間がかかる分、ちょっと治療費はお高めになりますが・・・。

 

 

薬物療法に対する考え方

AGA専門クリニックの使う標準薬フィナステリドミノキシジルは当クリニックでも処方しています。特にそのAGAの進行を止める効果は高いものがあります。一方、誰もが満足できるほどにフサフサになるかといえば・・・個人差があるのも事実です。

対して植毛は、治療前の期待通りの結果をほぼ100%出すことができる、「根本的な解決方法といえるでしょう」。一度植えた毛根はほぼ一生涯毛を生やし続けるので維持費用も掛かりませんし、「自毛」ですから副作用もありません。

 

治療費は高いの?

平均的です。なんせシェア6割以上ですから、ここのクリニックの価格が標準です。

治療内容 治療費(税抜) 最安値
カウンセリング 無料 -
診察費(初診料+再診料) 基本治療費に含まれる -
基本治療費 20万円 無料(AGAルネッサンスクリニック
植毛1株 1,200円(刈らないDIRECT2,000円) 600-800円台(AGAルネッサンスクリニック

 

<シミュレーション>

生え際に移植するのは1,000~1,800株くらいが多いそうですので、仮に、刈り上げにする方で1,000株植えた場合の治療費は、

20万円+120万円=140万円(税込151万2千円)。

参考までに、ロボットを使うAGAルネッサンスクリニックの場合は、税込で88万8千円になります。

 

モニター割引があります!

  1. 顔出しなしのモニターになると1割引き!
  2. 写真と体験談をHP、パンフレットで掲載するのをOKすると3割引き!
  3. 掲載する媒体問わず、写真と体験談を載せるのをOKとすると半額!

 

 

*無料カウンセリングは病院ホームページから申込んでください。当サイト(プロハゲ)に連絡をくれても引き継げません!

アイランドタワークリニック公式サイトへ

 

-個別クリニック情報

Copyright© プロハゲ - 最新!薄毛病院治療ナビ , 2017 All Rights Reserved.