医師2

AGA治療の発毛効果は100%?

更新日:

どのくらいの割合で生えるか?

どれくらいの人に効果が出るか?というと、ほぼ100%の人に何らかの薄毛改善効果は出るようです。

評判のAGAクリニックのホームページを見てみましょうか。

 

ゴリラクリニックは「成功率97%

 

AGAルネッサンスクリニックは「発毛実感率98%

 

HARGセンター新宿桜花クリニックは「発毛実感率99%、患者満足度は94.4%」。

 

 

ホント?ちょっと効果が高すぎて怪しい・・

 

確かに。医薬品メーカーも見てみましょうか。厚生労働省に出してるデータなんで、さすがに"ごまかし"てはいないはず。

世界中の薄毛治療で使われている、プロペシア(成分名フィナステリド)という薬では、3年間の臨床試験(≒人体実験)で、医師が症状の「進行なし」=現状維持とした症例も含めるとほぼ100%効果が出てます。

 

もう一つのAGA治療の世界的な標準薬、ミノキシジル(商品名リアップ)という薬の日本の臨床試験でも同様に高い効果を記してます。リアップX5の効果は1年間で、「少し良くなった」以上の効果を実感した人が92%、「変わらなかった」人を含めると100%になります。

 

満足できるくらい生えるのは何割?

まあ、そこまで言うなら効くのかもしれないけど、でも肝心なのは・・

そう、どれくらい効くのか、「程度」が問題ですよね。現状維持とフサフサでは大違いです。じゃあ、どのくらい「生えたねー」って感じでしょう?

各クリニックのデータの詳細は分からないので、さっきの薬の試験結果をもう一度見てみると、大体『4~5割』でしょうか。

プロペシア(一般名フィナステリド)では、3年間で、「著名改善」が6%、「中等度改善」の37.4%も含めると43%

 

一方、ミノキシジル(リアップx5)では、1年間で、「非常に良くなった」で12%、「良くなった」も入れると54%でした。

ということで、4~5割はパっと見「増えた」と分かるほど効果が出るようです。

 

しかし!

逆に言うと、残りの5~6割は『まあ効いたって言えば、効いたんだろうけど、まだ不満』ってことでしょ?こっち側に俺が入ったらどうすんのよ?

 

ザガーロの威力

20か所のAGA病院で質問した所、多くの病院で

フィナステリドで満足のいく効果が出ない時、デュタステリド(商品名ザガーロ)という薬を処方します

とのことでした。これは2016年に出たばかりの新薬だそうで。その効果のほどは?

 

フィナステリド無効患者にどれだけ聞くかはまだ(ウチの)臨床例が少ないので分かりません。ただ、フィナステリドより効果が高いと言われているし、そもそも作用のメカニズムがちょっと違うので「可能性」はあります。

 

毛髪再生メソセラピーの威力

ザガーロと並んで、有望な手は発毛メソセラピーってやつです。これはAGAクリニックに行くと上の薬と並んで推奨される治療法。

これは、AGA男性型脱毛症で薄くなっている箇所に有効成分を直接注入するって治療法でどのクリニックも非常に力を入れています(高額で儲かるからってのもあると僕はにらんでます)。

とは言え、この治療は高いだけあって良く効くんですが、フィナステリド、ミノキシジルが効かなかった人にどれくらい効くか?となると、ある医師曰く、

薬で5割、メソセラピーを足して8割弱です。なので2割が薬+メソで効かない人ってことですね。

ちなみに

メソセラピーの効果は8割ー5割=3割。たったそれだけ?

ってメソセラピーの効果に疑問を持っちゃうかもしれませんが、これはメソセラピーが効かないって訳じゃありません。

実際、メソセラピーだけの効果として、ゴリラクリニック94%AGAルネッサンスクリニック99%とホームページに書いてます。

ただ、薬物療法の効かなかった患者への効果となると6割くらいという事だそうで(無効患者1-50%=50%。これにメソの効果6割をかけると=3割)。

ちなみに、先ほどの先生は、

薬やメソセラピーが反応しない人(現状維持くらいの人)がどうしても2割くらいいます

 

ズルむけでも生やせるのか?

ちなみに、この話をした時にいつも医師に言われたのが、

「毛根があれば生えます。でも、毛根が完全に消滅している場合は残念ながら難しい。例えば『波平さん』は厳しいでしょうね」。

『再生医療』とは言っても、何もない所に新たに毛を生やすことまではできないというのが現代医療の限界だそうです。

 

ちなみに、これは例のヘアサイクルの考え方からきてるそうです。

髪の毛は、2~6年の成長期→数週間の退行期→数か月の休止期→成長期というようなサイクルで回ってます。成長期は、産毛か伸びて太くなって行く時期、退行期は抜けていく時期、休止期はいわば眠っている時期です。

 

この2~6年の成長期が半年~1年といったスパンになってしまったり、数か月の休止期が長期化してしまったりしているケースがAGA。この成長期を再び伸ばしたり、休止期をもとに戻したりとヘアサイクルを正常化させるのがAGA治療です。

 

ただし、一つ。このヘアサイクルは死ぬまで終わりなく続くわけではなくて、40~50回くらいで終了すると言われています。これ、裏を返すと、例え、パっと見て毛が生えていない『波平さん』状態でも、サイクルが30回目くらいで、毛母細胞が休んでいるだけならチャンスはあります。でも、もうすでに終着点を迎えてしまっているとしたら大変難しいです。

だそうです。

例えば、再生医療を前面に掲げたHARG治療センターでもホームページに明確に書いてあります。

「HARGの薬剤が休止期の毛母細胞を成長期に導く」

決して、毛母細胞をゼロから生み出すとは書いてません。

 

現代医学の底力

と、ここまで書いていて悲観的なトーンになってしまいましたけど、

ただし!

この『波平』をどう評価するかがポイントです。だって波平だって「休止期」かもしれないじゃないですか!ってこの例を見て思いました。発毛メソセラピーなどを受けた患者の例です(途中経過)。

(写真:ゴリラクリニック)

 

これ、最初(左側)、波平以上じゃないですか?でも生えてますよね。

やってみないと分かりませんな。

 

根本的に治す=移植

でも、あらゆることを試したけど、満足いく結果が出ない=上で書いた"残り2割"に入ってしまったなら、自毛植毛という手もあります。

ここ最近の医療の進歩で、僕たちの先入観を吹き飛ばしてくれる、想像以上の仕上がりになるそうです。

私自身、いろんな経験者の人に見せてもらいましたが、まあ、まったく植毛してるなんて分かりませんでした。それくらい自然。植えた髪はほぼ一生涯、生え続けるとのこと。まさに自分の髪です。

自毛植毛 費用は、なんと!100~200万円かかりますが、この悩みから解放されるならその金額でも「あり」って人が増えているとか。確かに、カツラや増毛の維持費を考えりゃ安いって人もいるでしょうね。

 

最後に、

そもそも俺の薄毛、AGA(男性型脱毛症)が原因ではないと思う。

という方もいると思います。

確かに、その可能性はあります。

でも、その場合でも病院に行けば治療法はありますし、男性の薄毛の原因の95%はAGAだそうですからその可能性は低いですが。

 

とにもかくにも、ここで思い悩んでも何も始まりません。まずお医者さんに相談してみないとですね。無料カウンセリングはどこのAGAクリニックでもやってます。

 

お勧めしないAGA病院
こんなAGA病院はやめとけ!【20ヵ所体験口コミ】

薄毛歴15年以上。育毛剤での薄毛治療にやっと見切りをつけ、ムチャクチャ勇気を振り絞って薄毛治療のAGAクリニックに訪れたのが去年の夏でした。 評判の良いAGAクリニックを見つけては片っ端から行って、訪 ...

続きを見る

 

空
【体験記】病院に行かない言い訳

「なんと!薄毛に効く薬があり、病院に行けば処方してもらえる」。 そんな話を僕が耳にしたのは12年前でした。それまで、育毛剤やら育毛シャンプーやら育毛サプリやらで散々裏切られてきたので「これはスゴイ!」 ...

続きを見る

-薄毛・AGA治療Q&A

Copyright© プロハゲ - 最新!薄毛病院治療ナビ , 2017 All Rights Reserved.