医師2

https://antibald.click

(医師の見解)フィナステリドのM字ハゲへの効果

更新日:

AGA治療薬の定番、フィナステリドを飲んでいる人の声で「フィナステリドはてっぺんハゲには効くけど、M字=そり込部分のハゲには効きにくい」というのが良くあります。これは本当なんでしょうか?お医者さんに聞いてきました。

確かにそうです。

と答えるAGAクリニックの医師が多かったですね。実際プロペシア(フィナステリドを含有する薬剤の名前)の臨床試験のデータは見ると差が見て取れます。

臨床試験のデータは頭頂部と頭頂部(生え際から頭頂部にかけて)に分かれていますが、1年間服用の場合にはそれほど差がありませんが、3年間使った場合は差が出てますね。中等度改善以上の割合は頭頂部 vs. 前頭部で、43.5% vs. 34.3%で頭頂部に軍配が上がりました。逆に、3年間使っても現状維持または悪化した人の割合は、22.2% vs. 28.3%と若干前頭部が高いとの結果でした。

 

 

これはなぜなんでしょうか?医師に聞いてみると先生によって意見は違うようでした。

ある医師は、

元々生え際の毛は細く短い毛が多く、太く育ちにくい性質を持っているという事が関係しているのではないか?

と言ってました。

また、ある医師は、

フィナステリドは理論上はどこの部位でも効くはずであり、臨床的に生え際で効果を出す場合も多い

とのことから、フィナステリドは生え際より頭頂部に選択的に働くという主張には否定的でした。

その上で、生え際の薄毛に効きが悪いのは薬の作用ではなくそれ以外の要素が大きく影響しているのではないかという事でした。

例えば、フィナステリドの効果と発症してからの期間の長さには関係があったとの研究結果がありました(Five-year efficacy of finasteride in 801 Japanese men with androgenetic alopecia.)。つまり発症してから治療を開始するまでの期間が短ければ短いほど効果が高いそうです。

その事実をもとに、(1)AGA(男性型脱毛症)の場合は生え際部分の後退から始まることが多い。(2)AGA治療は症状が進んでから始める人が多く、生え際の後退が始まってから年月が経っていることが多い、として生え際には発症してから時間のたっている毛根が多いためフィナステリドが効きにくいのではないかとおっしゃっていました。

では、発症から時間の経った生え際は諦めざるを得ないのでしょうか?

複数の医師は、

時間の経った生え際の毛根が"寝ている"だけの場合もあるので、やってみないと分かりません。実際に高い効果がみられた症例もあります。

としたうえで、余りに心配するならと、ミノキシジルも使うことを勧めてきます。フィナステリドは進行を『食い止める』ため、『生やす』ためにはミノキシジルという使い方ですね。このコンビネーションでの治療を推奨する先生は多いです。

このミノキシジルも使ってみないと効くかどうか分からないんですけど、フィナステリドとのダブル治療で生え際での効果も狙うってことらしいです。

以上が僕がAGA病院の医師から聞いた話です。もちろんこう考えない医師もいるでしょうから、ホントのところは完璧に解明されてはいないのかもしれません。ぜひ医師に確認してみてくださいね。

 

 

AGAに効く薬
【医師に聞く】AGAに効く薬

薄毛治療のため、20ヵ所も専門病院で診察を受けると、アホな僕でもいやがおうでもAGAに詳しくなりました。 そこで、僕の教わったAGA治療の根幹をなす"薬物療法"について、紹介します。   目 ...

続きを見る

 

 

 

その他フィナステリドQ&Aはコチラ

 

 

-フィナステリドQ&A

Copyright© プロハゲ - 最新!薄毛病院治療ナビ , 2017 All Rights Reserved.