銀座HSクリニック

銀座HSクリニック-体験口コミレビュー

更新日:

おすすめ理由 -
治療費 高め
場所 東京銀座

 

どんなクリニック?

東京銀座にある男性の薄毛治療に特化したAGA専門クリニックです。掲げている特徴は3つです。

1.費用で選ぶなら真の薄毛治療薬

フィナステリドによる治療が、月々3,900円から始められます。実際は診察費が2,160円がかかるので消費税を入れて6,372円ですが。

2.効果で選ぶなら真の自毛再生

独自の再生医療(成長因子注入メソセラピー)により、飲み薬だけの場合より効果が早く出ます。

3.結果で選ぶならパーソナル自毛再生

症状が深刻でも、最先端の検査法を駆使して患者一人一人に固有の原因を突き止めて治療法を選びます。もし当クリニックのAGA治療を受けて効果がなければ、治療費を全額返金してくれるそうです。

 

僕の印象治療法は良く言えば王道、意地悪な見方をすればすごい"フツー"です。

他にも"フツー"の治療を淡々とするAGAクリニックはありますが、そうした所は治療実績がすごかったり、治療費が安かったり、医師がみっちり診察してくれたりと、他の面で特長がありますが、こちらは・・・。

カウンセリングも「専門医師による無料カウンセリング」と書いてますが、医師に診てもらえなかった人もいたようです。

僕なら、こちらに行くくらいなら、聖心毛髪再生外来やルネッサンスクリニックを選びますね。

 

 

どんな治療をしているの?

このクリニックの薄毛に対する考え方

薄毛の原因

薄毛は何らかの要因により毛髪サイクルが乱れた状態です。その原因は大きく分けて3つあります。

まず第一に男性ホルモンの影響。特に前頭部や頭頂部の髪のヘアサイクルを狂わせてしまい脱毛を促すことがあります。

次に、食事・生活習慣。特定の栄養不足で薄毛になることはないですが、偏った食事や睡眠不足、タバコは悪影響を及ぼすそうです。最後に遺伝です。

男性の薄毛の90%以上はAGAといわれていて、年齢が上がるにつれてその発症率が増えていき、50代では44%の人に発症しています。

AGAとは?

思春期以降の成人男性に発症する脱毛症で、一度発症すると何もしなければ進行し続けます。前頭部や頭頂部に特徴的な薄毛パターンが見られます。

日本人男性の3割に発症していると考えられており、日本人男性の薄毛の原因の95%AGAによるものです。

男性型脱毛症AGAの原因

思春期以降の成人男性に発症する進行性の脱毛症のこと。男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼⅡ型という酵素によってジヒドロテストステロンDHTに変わることで発症します。このDHTは毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結びつく結果、発毛を抑制する成分TGF-β1となります。

治療方法は?

フィナステリドミノキシジルノーニードルメソセラピーで治療します。

"ど真ん中"のオーソドックスなAGAの治療法です。

 

フィナステリド(3,900円~)

AGAを発症させるDHTの産生に関わっている5αリダクターゼという酵素の働きを抑制する働きがあります。これにより発毛数が増えたり、髪の毛の伸びが早くなったり、毛が太くなったりします。

 

なお、副作用としては、発熱や性欲減退がありますが、自覚症状で日常生活に支障をきたすほど深刻なレベルではありませんでした。さらに3年間の長期服用でも0.5%程度の発現率にとどまりました。そもそもフィナステリド(プロペシア)は性欲に関わる男性ホルモン自体を減らすわけではありません。

 

ミノキシジル(外用薬12,000円~)

元々降圧剤として開発されたもので、副作用として全身の多毛が出たことから薄毛治療に応用された薬ですね。一般的にリアップのように塗り薬として頭に直接振りかける方法で使われます。ミノキシジル(ロゲイン)はフィナステリドと併用しても副作用などの問題はありません。

 

独自のノーニードルメソセラピー(31,000円~)

頭皮に直接、薬剤を注入する治療方法はメソセラピーと呼ばれます。

直接患部に届くのでその分、効果も早く出るそうですが、注射を指したりするので痛いのが玉にキズでした。ここでは注射ではなくて、微弱な電流で細胞間に隙間を作って薬剤を流し込む方法をとります。

銀座HSクリニックの、注入する薬剤の特長は、高濃度の成長因子カクテルとフィナステリド、ミノキシジルを冷凍保存して生きたまま注入するところだとか。

成長因子が"生きたまま"注入されるというのは何だかスゴそうですが、結果として従来品よりどれくらい優れているのか、どこにも書いてませんでした。

なお、成長因子は以前こう記載がありました。

  1. FGF-2:毛乳頭細胞の増殖を促進する線維芽細胞成長因子-2
  2. FGF-7/KGF-1:毛髪周期を休止期から成長期に移行させる線維芽細胞成長因子-7
  3. FGF-10/KGF-2:これも同様にヘアサイクルを正常に持っていく線維芽細胞成長因子-10
  4. HGF:毛周期の退行期や休止期への移行を抑える肝細胞成長因子
  5. IGF-1:角化細胞の増殖を刺激し成長意を延長するインスリン様成長因子
  6. PDGFbb:毛乳頭細胞の増殖を促進し、成長期への移行させる血小板由来成長因子
  7. VEGF:毛包周囲の毛細血管の発達を促し、毛母細胞に栄養を供給する血管内皮細胞成長因子

このメソセラピーを1か月で2回注射を推奨しているそうです。「2回やって!」というAGAクリニックは時々あります。

ちなみに、このメソセラピーのお試しを、税込5,378円で受けられるそうですが、1回やったくらいでは生えないでしょう。せいぜい「痛くないね」とか「ヒヤッとするね」くらいしか分からないのではないでしょうか?それに5千円払っても意味がない気がします。

 

その他どんな治療があるの?

発毛促進点滴(1回9,800円)

「髪を健やかに保つ」というビオチンをはじめ様々なビタミンをオリジナルで調合したのを点滴してくれます。

ヘアグロウスタンプ(1回45,000円)

ダメージを受けた毛包のDNAを修復・再生する独自のHSリボーンカクテルを特殊なスタンプで頭皮に注入するとのこと。何やら難しくて分かりませんがスゴそうなのかな?なお「リボーンカクテル」に入ってるのは成長因子ミノキシジルフィナステリドです。

トータルヘッドセラピー(1回39,000円)

天然植物性オイルを使って、オゾンスチームで頭皮の毛穴を開き、普段の先発ではとり切れない汚れを輩出します。

って、もうエステの世界ですな。

 

なお、こちらでは自毛植毛治療はしていません。

 

治療費は高いの?

AGAクリニックの費用としてはちょっと高めです。再診料とか検査代とかもちょこちょこ取られる印象です。

治療内容 治療費 参考(AGAルネッサンスクリニック
カウンセリング 無料 無料
薄毛診断 3,240円 無料
初診料 2,160円 無料
再診料 2,160円 無料
血液検査(2回分) 20,520円 2,160円
フィナステリド1か月分 4,212円 4,200円(2回目以降6,000円)
ミノキシジル外用薬1か月分 12,960円 5,832円(ロゲイン2%)
ノーニードルメソセラピー(6か月) 401,760円 388,000円(キャンペーン258,000円)
発毛点滴 1回9,800円 -

 

お勧めしないAGA病院
こんなAGA病院はやめとけ!【20ヵ所体験口コミ】

薄毛歴15年以上。育毛剤での薄毛治療にやっと見切りをつけ、ムチャクチャ勇気を振り絞ってAGAクリニックに訪れたのが去年の夏でした。 評判の良いAGAクリニックを見つけては片っ端から行って、訪れたクリニ ...

続きを見る

 

メモ

治療の流れ

無料カウンセリング

1-1.5時間かけてカウンセラーが症状をヒアリング、マイクロスコープで頭皮の状態を見て今後どうなるか?予測してくれます。さらにAGAのが原因や治療方法を説明してくれるそうです。

薄毛診断

これから医師の診察です。お金がかかります。3,240円。ここでは、具体的に治療内容や副作用を含めた説明をしてくれます。

初診

初めての治療です。治療内容により所要時間は違いますが、1-1.5時間程度かかるようですね。初診料2,160円に治療費がかかります。

通院

通院の頻度は2-4週間に1度。薬のみの場合は4週間に1回で良いそうです。なお行く度に治療費とは別に、2,160円の診察料がかかります。

忙しくてなかなか病院に行けない人は、その人に副作用とか問題なければ3か月分くらいまとめてお薬だけを処方してもらうことはあるそうです。

 

AGAクリニックの特長 vs. 他の薄毛対策

vs自毛植毛

髪の毛の総数は増えません。移植する髪の毛を採る後頭部には痕が残ります。

vs.人口毛植毛

拒絶反応で我慢できないほどのかゆみが起こったり頭皮が炎症を起こす恐れもあります。人工的な髪の毛なので抜けてしまうことも多く、定期的に追加で植毛しなければなりません。

vs.発毛・育毛サロン

AGAに効果的な医薬品を処方できないので、効果は限定的。それどころか科学的な根拠に乏しい施術を行っているサロンも。選択肢にならないでしょう。

vs.育毛剤・育毛シャンプー

育毛剤はそれだけで劇的に薄毛を改善できるものではなく補助的な効果にとどまります。その効果にしても全員に表れるわけでもなく、現れたとしても最低でも半年以上使う必要があります。育毛シャンプーも色々ありますが、AGA対策という視点では大差ありません。

vs.かつら

即効性はありますが、かつらがずれる恐れがあり、その心配のあまり精神的なストレスは相当なものです。維持費もかかります。

vs.皮膚科

皮膚科も薄毛治療薬を処方することはできます。しかし、すべての皮膚科で扱ってるわけではないし、専門医と比べてノウハウもばらつきがあるようです。

 

 

お勧めしないAGA病院
こんなAGA病院はやめとけ!【20ヵ所体験口コミ】

薄毛歴15年以上。育毛剤での薄毛治療にやっと見切りをつけ、ムチャクチャ勇気を振り絞ってAGAクリニックに訪れたのが去年の夏でした。 評判の良いAGAクリニックを見つけては片っ端から行って、訪れたクリニ ...

続きを見る

空
【体験記】病院に行かない言い訳

「なんと!薄毛に効く薬があり、病院に行けば処方してもらえる」。 そんな話を僕が耳にしたのは12年前でした。それまで、育毛剤やら育毛シャンプーやら育毛サプリやらで散々裏切られてきたので「これはスゴイ!」 ...

続きを見る

-個別クリニック情報

Copyright© プロハゲ - 最新!薄毛病院治療ナビ , 2017 All Rights Reserved.