低出力レーザー治療

赤色LEDライトで毛が生える?

更新日:

ウソみたいな話ですが、毛が生えるそうです。

大阪の医師小笠原氏が大阪大学と京都大学との共同研究で明らかにしています。

元資料:超狭帯域LED光源の開発とその皮膚医学応用

 

なぜLEDライト?

元々、低出力のレーザー光を当てると発毛すると言われてました。それを証明するような試験結果は数多くあり、また臨床でもレーザー照射箇所で発毛したりといったことが経験則として分かっていたそうです。

しかし、レーザー光は広い面積を照射するのに向いてなくて、それに大規模な機器が必要だったりとデメリットがありました。

そこで、注目されたのがLED。すでに皮膚科領域では傷を治したり、色素沈着を取り除いたりする効果が認められたりしていたそうですが、さらにLEDならレーザー光より照射面積を広くできて、しかも赤色LEDなら皮膚の中にも浸透する力があるので毛乳頭細胞に直接働きかけることが期待されました。

 

ホントに発毛させられる?

ネズミ、ていうかマウスの実験

ネズミの背中の毛をきれいに剃って赤色LEDを照射するグループとしないグループに分けて、2-3日おきに照射を繰り返したところ、2週間を過ぎた頃から、赤色LEDを照射した方のマウスから毛が生えてきたそうです。

人の試験

29才~59才の薄毛の男性10人を対象に、超狭帯域LEDの光を20分間照射するのを週に1回から3回、3カ月~8カ月続けました。結果、頭皮が透けて見える領域が25%以上減った人は100%、50%以上減った人は70%、90%以上減った人は30%に上りました。

 

発毛のメカニズムですが、現在の所、超狭帯域LEDが、毛根の毛乳頭からの成長因子の分泌を刺激し、毛髪の成長を促すと考えられています。

 

どのくらい有望?

2016年の時点では、フィナステリドミノキシジルと同じくらいの有効性はない、と考えられています。

ただ作用機序が違うので、プラスの発毛効果をもたらす補助療法になると考えられているそうです。

 

じゃあ、家のライト、全部LEDにする!毛が生えるんでしょ?

ってほど単純じゃないらしいですが。使った赤色LEDの光はそこら辺の懐中電灯の赤い光ではなくて、赤色LEDの光をレーザーに近い”超狭帯域”で照射しているそうです。

ただし、レーザーと違って大がかりな仕組みは不要で安全性も高いそうですので、近い将来、家でも使ったり旅先でも使ったりできる携帯型のものの開発も期待されてるそうです。

 

赤色LED治療はどこで受けられる?

AGAクリニックでは、美容外科中央クリニックで取り扱いがあります。施術1回で5,400円と高額ですけど。

一番は、アデランスでしょうか。京都大学、大阪大学と共同研究しているのは有名です。赤色LEDを使った育毛プログラムがあります。

 

空
薬以外のAGA治療【最新版】

AGAクリニックに行きたくない理由の一つに、"薬の副作用"を挙げる人、多いですね。 フィナステリドは、性欲がなくなるし、立たなくなるから、男でなくなる覚悟をして飲め! とか ミノキシジルは、心臓が破裂 ...

続きを見る

 

聖心美容クリニック
AGA病院の無料カウンセリングってどうよ?【20カ所体験口コミ】

AGA病院では、なぜか診察の事をカウンセリングと呼びます。そして、カウンセリングは"無料"です。 と来れば、とりあえず行っておこうかとも思いますが、一方「無料」という事で何かありそうで「不安」なのも事 ...

続きを見る

 

-薄毛・AGA治療Q&A, 病院はイヤな人向けAGA治療

Copyright© プロハゲ - 最新!薄毛病院治療ナビ , 2017 All Rights Reserved.