新宿メディカルクリニックTOP

新宿メディカルクリニック-体験口コミレビュー

更新日:

おすすめ理由 -
治療費 平均~少々高い。
場所 東京新宿

 

公式サイト

 

どんなクリニック?

総合美容外科クリニックで男性向けの施術も行っており、薄毛治療(AGA治療)はそのうちの一つです。

特徴的なのは、治療費全額返金制度!30日間通って効果がない場合に適用されるとのこと。よっぽど6種類の成長因子を注入するメソセラピーに自信があると見ました。

 

どんな治療をしているの?

行っている治療方法は、標準的な飲み薬(フィナステリドミノキシジル)による治療と頭皮にダイレクトに薬剤を注入するメソセラピーという治療法があります。

薄毛に対する考え方

男性型脱毛症(AGA)とは?

成人男性によくみられる脱毛症で、生え際から頭頂部にかけて薄くなる特長があります。いったんこの症状が出てしまうと栄養状態や年齢に関係なく進行し続けてしまいます。一度AGAが発症してしまうと、髪の毛が薄くなってもヘアサイクルが回復することはありませんし、放っておいても症状が和らぐことはありません。どんどん進行していき、髪は抜け落ち、範囲は広がってしまうのです。

この男性型脱毛症は市販の育毛剤やシャンプーだけでは改善することは難しく、専門的なクリニックによる治療が必要です。

男性型脱毛症の原因

毛髪は一定周期で成長期→退行期→休止期を繰り返します。この周期が乱れてしまい、成長期が短くなってしまったり、休止期が長くなってしまった状態が脱毛症です。

通常成長期は2-6年ありますが、この期間が短くなると、髪が太く、長く成長できないので薄くなってしまったように見えます。一方休止期が長くなると、抜け毛を補うだけの髪の毛が生えてこなくなるのでボリュームが減ってしまいます。

こうしたヘアサイクルの乱れは男性ホルモンと関係があります。男性ホルモンの一種テストステロンが、5αリダクターゼという酵素により、テストステロンの10-30倍の強力な作用を持つジヒドロテストステロン(DHT)に変わってしまうと、このDHTが毛髪サイクルを乱して脱毛を促してしまいます。

治療方法は?

ということでこのAGAクリニックが薦める治療法は、飲み薬(内服薬)で内側から抜け毛の原因を取り除き、成長因子の注入療法で外側から発毛を促します。

治療法1:内服薬で内側から抜け毛の原因を取り除く

5αリダクターゼを阻害しDHTを減らし毛髪サイクルを正常に戻すフィナステリドと、血流を増やし栄養を行きわたらせる血管血管拡張薬ミノキシジルを併用します。

治療2:外側から成長因子注入療法で発毛を促すメソセラピー

頭皮に発毛のスイッチである成長因子グロースファクター)を注入し、眠っている毛乳頭を活性化します。もちろん医療機関でのみ行うことのできる先端治療ですね。

(1)発毛を促す成長因子を6種類配合してます。
  • KGF:髪の毛のもととなる毛母細胞の増加を促進し、毛髪を成長させます。
  • IGF-1:毛母細胞や毛根の代謝を活発にし、若々しい毛髪を育てます。
  • IGF-2:失われた毛母細胞や髪の毛に成長指令を送る毛乳頭を再生します。
  • bFGF/FGF-2:神に栄養を運ぶための血流を改善します。
  • VFGF:閉じてしまった頭皮の血管を開き、栄養を送る道を作ります。
  • チモシンβ4:毛乳頭から毛母細胞に発毛の指令を送ります。

(2)56種類のビタミン、ミネラルも入ってる!
(3)成長因子の効果は医学的に裏付けされており世界中で認められています。
  • KGFが発毛に関係しているとともに頭皮の炎症を改善する効果も確認されています。
  • KGFが血管内皮細胞の機能を改善することが確認されています。
  • KGFが皮膚の状態を正常に保ち、皮膚のダメージを改善することを遺伝子レベルで証明されました。
(4)施術の痛みを抑えるノンニードル療法

以前の注入療法では剣山のように太い0.25㎜の針で穴をあけていたため痛かったそうですが、このクリニックでは炭酸ガスのジェット噴射を使って、0.03mmの穴から薬剤を噴射します。針を使わず(=ノーニードル)、蚊の針(0.06mm)より細い穴から噴射して注入するのでほとんど痛みがありません。

 

Q1:AGA治療を開始できる年齢は何歳ですか?
A1:一般的にAGAは30-40代で進行する人が多いと言われていますが、20代で進行するケースもあります。若いほど高い効果を期待できるので、年齢にかかわらずまず気になったらクリニックでの診察をお勧めします。

 

Q2:どの位の期間、治療を続けなければならないのですか?
A2:多くの人は6か月から1年間集中的に治療し、その後徐々に治療頻度を減らしていきます。ただ効果の出方は個人差がありますし、どこまで生やしたいかは人それぞれなので要望を聞きながら治療をすすめます。

 

Q3:AGAの治療薬の副作用はどのようなものがありますか?
A3:AGA治療薬で代表的なフィナステリドではごくわずかですが性欲減退と勃起機能不全の副作用が挙げられます。当クリニックでは事前に血液検査などでチェックしてから処方してますし、もし副作用が出た場合は服用を止めてもらったりします。なお、注入療法では同様の副作用はないと言われてます。

 

なお、こちらでは自毛植毛治療は行っていません。

 

治療費は高いの?

他のAGA専門クリニックと比べてAGAクリニック 費用は高いです。時々キャンペーンで半額とかやっているみたいなので、そういう時なら「あり」ですね。

治療内容 治療費 参考(AGAルネッサンスクリニック
カウンセリング 無料 無料
初診料 無料 無料
再診料 無料 無料
プロペシア28錠 7,020円 4,200円(2回目以降6,500円)
ミノキシジル28錠 5,940円 不明
ロゲイン2% 7,020円 5,832円
発毛メソセラピー6か月分 864,000円 388,000円(キャンペーン196,000円)

 

 

クリニックの場所

東京都渋谷区代々木2-10-4 新宿辻ビル3F(新宿駅 サザンテラス口徒歩1分)

診療時間 11:00-20:00※休診日 木曜日(土曜・日曜・祝日は営業しております)

東京都渋谷区代々木2-10-4

 

*無料カウンセリングは病院ホームページから申込んでください。当サイト(プロハゲ)に連絡をくれても引き継げません!

公式サイトへ

 

-個別クリニック情報

Copyright© プロハゲ - 最新!薄毛病院治療ナビ , 2017 All Rights Reserved.